675年、天武天皇から肉食禁止の勅令が交付。

6世紀の後半に仏教が伝わり、食べ物のタブーはありませんが、殺生を避けるという教えがあります。
そして、飛鳥時代の天武天皇は仏教を厚く信仰していて、675年に「殺生肉食禁止の詔」が発令されます。
この後1200年以上続くことになりますが、完全に肉食が禁止されたわけではありませんでした。
殺生肉食禁止の詔が発令された以降全く食べなかったわけではなく、禁止されていたのは「牛、馬、猿、鶏」に限られていました。
日本人にとって神聖な食べ物でもあるお米を作る稲作に携わる動物や、人間に近い動物、または人間にとって益をもたらす動物の殺生と食べることを禁止したのです。
しかし、あくまでも日常的な食生活の中心にお肉はなく、野菜や穀類でした。


「薬食い」の始まり。

そして江戸時代になると、「薬食(くすりぐ)い」と言って、養生のためや、病気の回復のためにお肉が食べられていました。
薬食いと称してお肉を食べる人も多くいたようで、「ももんじ屋」という肉を食べさせる店では、イノシシ、シカの他にもクマやウサギが食べられたと言われています。そして、江戸時代中期になると、江戸の街にも数えきれないぐらいのももんじ屋が軒を連ねていたそうです。
その後、七世紀の後半から実に1200年以上続いた肉食禁止の習慣に終止符を打ったのが、明治維新です。
1872年、明治天皇が肉食解禁の令を出され、御自らお肉を口にされました。

当時、牛肉文化がなかなか浸透しなかった。

しかし、肉食解禁がされてからも、なかなか庶民は牛肉を食べようとしませんでした。
そこで考案されたのが、牛鍋やすき焼きでした。
牛肉を西洋風に料理しても受け入れられないので、醤油と砂糖を使って日本風に調理したのがこれらの料理です。その後、牛鍋を出すお店が開店しはじめます。
もっとも、開店した当初はお店には閑古鳥が鳴いていて、たまにお客様が来られる程度。世間の風当たりも強かったようです。
しかし、そんな牛鍋屋も、文明開化と共に少しずつ広がり始め、そして大流行。関東で牛鍋屋、関西ですき焼き屋が繁盛しました。


昔の文化に思いを馳せ、現代のお肉を味わってみませんか?

現代では、外国人観光客が日本で食べたいグルメとしても人気になりました。


文明開化の時代から100年余り。西洋食文化の牛肉と、日本古来の調味料で煮込むすき焼きが生まれ、和洋折衷料理として今もなお愛されています。
実に1000年に及ぶ肉食を避ける文化から、今や牛肉をはじめとするお肉は、生活に欠かせない食材となりました。
「美味しい牛肉が食べられる時代に生まれて本当に良かった」と、すき焼きを食べる時に、遠い明治の時代に思いを巡らせて味わってみてはいかがでしょうか。


KCpd6i49HMBtl01PJxwQvUrW.jpg
8,100円
(税込)
      5.00 1
すき焼き冷蔵
rZV47k2tM15avJUi8K6bH3w0.jpg
6,480円
(税込)
      5.00 13
すき焼き冷蔵
h35gxtGNC6V2R4KyFo7v1Q9L.jpg
5,400円
(税込)
      4.90 10
すき焼き冷蔵
P0G6lazt2JFckwUHYZi4X9bn.jpg
4,320円
(税込)
      5.00 1
すき焼き冷蔵

1月15日更新


最新ご注文状況速報

PAGE TOP