ひなまつりにホームパーティという習慣。

ひなまつりに行っている習慣として、最も多いのはひなあられや菱餅、桜餅などスイーツが一般的。確かにおいしいですよね。子どもの好きな甘いお菓子は欠かせない存在ですよね。
しかし、最近では食事会やグルメを中心に楽しまれることが多くなってきました。「自宅で家族とお祝いの御馳走を食べる」とか、「毎年、家で親戚の子も呼んでパーティをする」とか、家族や友人、その友達を呼んで楽しい時間を過ごすこと、一緒に料理を作ったり持ち寄ったりしてワイワイしたりすることが、同じ時間を共有してみんなで楽しむといった習慣へと繋がってきました。
ひなまつりは、厄除けや女の子の健やかな成長を祈るだけではなく、人と人とのつながりも大切にして、みんなで過ごす楽しい時間を大切にして、忘れられない瞬間を作ってほしいと思っています。


みんなで作るひなまつり。いつもと違ったお祝いに。

桃の節句だから「モモ肉」。ちょっと安易だとは思いますが、やはり子どもは肉料理が好きということです。
ひなまつりに家族でモモ肉を使った料理(すき焼きやヒレステーキ、お肉を使ったちらし寿司など)はいかがでしょうか?
また、混ぜ込みご飯を使ったひなおにぎりをみんなで作ってデコレーションすれば、作る側も食べる側も楽しくなってきますよ。
お子さんやお孫さんにも喜ばれるお肉料理。特別な日だからこそ、きっと喜ぶ顔が見られると思います。近江牛を使って家族団らんで、ひなまつりを祝ってみましょう!

2月13日更新


最新ご注文状況速報

PAGE TOP