選ぶ楽しさ、贈る幸せ、もらう喜び。千成亭のお歳暮。


予算から選ぶ

冬ギフト ~5,000円から選ぶ
冬ギフト 5,001~8,000円で選ぶ
冬ギフト 8,001~10,000円で選ぶ
冬ギフト 10,001~12,000円で選ぶ
12,001~15,000円で選ぶ
15000円以上で選ぶ

期間限定から選ぶ

プレミアムコースから選ぶ
おもてなしコースから選ぶ
ごちそうコースから選ぶ
こころづかいコースから選ぶ
ありがとうコースから選ぶ
期間限定ハムセットから選ぶ

用途から選ぶ

すき焼きから選ぶ
しゃぶしゃぶから選ぶ
ステーキから選ぶ
ステーキから選ぶ
ロースとビーフから選ぶ
ハムセットから選ぶ
ハンバーグから選ぶ
味噌漬けから選ぶ
レトルト・加工食品から選ぶ
選べるギフト券から選ぶ

お歳暮とは?

お歳暮という言葉は、もともとは年の暮れ、年末(歳暮=さいぼ。せいぼ)という意味を表わす言葉でした。
毎年、年の暮れになると、一年間にお世話になった人に贈り物を持参してまわる習慣ができ、これを歳暮回り(せいぼまわり)と言うようになり、やがて、贈答品そのものを「御歳暮」と呼ぶようになりました。
「日頃お世話になっているお礼と、新しい年もよろしくお願いします」という思いをこめて今年も大切なあの人にお贈りくださいませ。
千成亭では、お歳暮やお年始にもご活用いただける近江牛の中でも確かな品質をお約束するこだわりギフトとして、先様にもきっとご満足いただける逸品だけを厳選、ご用意させていただいております。

お歳暮の時期

お歳暮を贈る時期は、地方によって異なります。例えば、関東と関西でも異なります。


本来は12月10日頃から20日頃に贈るのが正式なマナーとされています。


最近の傾向としては、エリアを問わず早めに贈る方もいらっしゃるようです(関東地区では12月に入るとすぐに御歳暮を贈る方もいらっしゃるようです)。

ついうっかりお歳暮の時期を過ぎてしまったら

お歳暮を贈る時期については上で述べたとおりですが、この時期を過ぎてしまった場合には、のしの表書きを変えるようにします。


たとえば相手方のお宅にご不幸があって間もない場合などには、先方が落ち着くまで少し時期をずらし、下記の寒中見舞い、寒中お伺いといった時期に贈ってみてはいかがでしょうか。

12月上旬~12月20日頃 お歳暮、御歳暮
12月20日を過ぎた頃~年内 寒中御見舞、寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺
1月1日(元旦)~1月7日まで 御年賀、新年のご挨拶(この表書きは喪中のお宅には使わない)
松の内過ぎ~2月4日(立春)頃まで(1/1~1/7は松の内と言います) 寒中御見舞。寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺

■下の一覧の中から各商品をクリックすると、さらに詳しい内容をご覧いただけます。■

12月11日更新


最新ご注文状況速報

PAGE TOP