{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

近畿東海北陸連合肉牛共進会とは・・・

近畿東海北陸の六府県(滋賀県、京都府、三重県、静岡県、兵庫県、岐阜県)から計100頭が出品され、日本の銘柄牛(近江牛、松阪牛、神戸牛、飛騨牛、伊賀牛、静岡そだち牛、京都和牛)が
一堂に集結する評論会で、全国的に注目されています。
今回、「まるさん牧場」の近江牛が厳しい審査をクリアし、県代表に選ばれ、共進会において選りすぐりの銘柄牛たちを差し置いて、見事「最優秀賞」を受賞いたしました。
共進会は肉牛の普及に尽力しており、飼養管理・経営技術や農家経済の増強や、それらの向上と合理化を図ることを目的としておられます。その共進会に最優秀賞を頂くことは非常に名誉あることで、
選考基準は、臨床検査や体形測定(肩の張りや中躯、後躯の大きさ等)、肉質やロース芯の大きさ等によって判断し、即ちより高い飼養技術で育てられた牛が選ばれます。
1年に1回あるかないかの企画です!普段はなかなかネット販売をしない商品を、冷凍で鮮度を保ったままお届けします!

語りかけるように。心を込めて捌いたチャンピオン牛。

日本三大和牛といわれている近江牛は、誰もが知る銘柄牛です。
「肉の芸術品」とも言われるそのそのサシの入り具合、うすい紅の肉色は、誰しもが圧倒されると思います。近江牛のギフトをいただくとついつい顔がほころんでしまう。
その知名度と肉質の味わいは、品位の高さを感じられます。
日本の銘柄牛は全国で300以上あり、その頂点に立ったチャンピオン牛は最高級品だといわれます。そこには生産者の愛情があってこそ。豊かな自然環境と水に恵まれた環境で、30.29か月肥育されたチャンピオン牛。
千成亭契約牧場の「まるさん牧場」は湖南市甲西町に広がる丘陵地にあり鈴鹿山系の雪解け水が地下水に流れ、牛を飼育するに最も相応しい環境にあります。
「「今日はちょっと元気がないかな」「食べ方が少ないな」毎日毎日一頭一頭すべての仔牛を見て回ります。好き嫌いなく、性格の弱い牛もあぶれずちゃんと食べるように一頭一頭の食べ方をよく見ています。」と、まるさん牧場長。


牛はしゃべれませんから。元気がないときはこちらから気付いてあげないと。


そんな語りかけるように、一頭一頭と向き合う姿が、今回の「最優秀賞」につながったのかもしれません。


近江チャンピオン牛 ロイヤルリブロースすき焼き 500g 冷凍
販売価格 \21,600(税込)

近江チャンピオン牛 肩ロース・ウデ・モモ ミックススライス 500g 冷凍
販売価格 \10,800(税込)
2件中 1-2件表示
2件中 1-2件表示
ページトップへ